【キツイ?】電力会社の新入社員研修を解説!

仕事・研修

こんにちは。

非常に強い台風が来てましたね。

まだ休日だから普段よりかは台風の中出勤する人は少なかったのではないでしょうか。

私はもちろん出勤してましたよ。何を隠そう、電力会社で働いているので。

こういうときこそ皆様に絶えず電気を送り続けて少しでも不安を少なくするのが私たちのお仕事だと思っているので。

ということで、今回は私が体験した電力会社の新入社員研修(全体研修)についてお話しようと思います。

全体研修だけでなく約半年間の部門別研修についても紹介しています。

今キツイと感じている方は少しでも共感できるかもしれません・・・

全体研修と部門別研修のセットでみていただくことで新入社員のおおまかな流れ(初めの半年間)がわかると思いますので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

入社式から研修施設へ

4月の上旬に入社式をします。

内容は特に変わったことはないです。

入社式は午前中で終了し、午後はそのままバスで研修施設へ移動します。

着いた場所は!!

徒歩15分くらい山の坂道を下ると普通の街に出られるような場所でなんかもたくさんおり、夏はカブトムシがたくさん取れるようです。

(私はここでキツネとイノシシ?をみました。)

ここから2週間の全部門新入社員研修である寮生活がスタートします。

新入社員は高卒~大学院卒まで幅広くおり研修中は学歴はほぼ関係ありません。

施設についたら荷物の整理と軽い連絡事項でその日は終了します。

部屋は相部屋(2人)ですので1人の時間はありません・・・

(ご飯は食堂、お風呂は大浴場があります)

こういう生活が苦手でプライベートな時間を大切にする方はキツイかもしれません・・・

自分は1人で静かに本などを読むことが好きなのでこういう生活はかなり苦痛でした。

また就寝時間も決まっているのに加え、相部屋の人がいるので気を使って夜更かしもできません

ある程度仲良くなると、電気を消して雑談などはできますけどね。

寮生活はこんな感じで、次は研修についてお話したいと思います。

新入社員研修

研修は朝から夕方までびっしりカリキュラムが組まれています。

内容は企業の歴史から部門の説明、ビジネスマナーなどの一般的なことです。

また途中、グループワークなどが用意されており新入社員全員の前で代表者がプレゼンするなんてこともありました。

この2週間研修の一番の特徴は集団行動ですかね。

号令から点呼、人数確認、ラジオ体操などを行うのですが、

新入社員全員が一糸乱れぬ動きができるまで朝から夕方の業務時間中何度も指導されます。

前日の夜は内容や動きを予習するので大変でしたね・・・

このときは研修指導の方からかなり大きな声が聞こえることもありましたね。

これは昔からの伝統らしく毎年やっており中には泣き出してしまう方もいらっしゃるようです。

このようなことを2週間やったのちに、それぞれの配属に旅立っていきます。

技術職の人は今度は部門研修で数か月またみんなで寮生活を行うことになりますがね。

社員の体調やメンタルにはかなりフォローが厚い印象がありました。

(研修中、私の家族が病気になってしまったことがあったのですがちゃんとお休みをいただけたのでそういうところは安心してください)

ここまで聞くと悪い印象しかないかもしれないですが、

同期と仲良くなれたりなんだかんだ友達が増えるので一概にも悪いところばかりではないです。


今回は新入社員研修(全体研修)についてでしたが、

気が向いたら新入社員の1日や仕事の内容、待遇、部門の特徴についてもお話したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました