【要確認】電力会社の送配電部門に入るなら最低限知っておきたいこと!

就職
学生さん
学生さん

電力会社の送配電部門に興味があるけど、どんなところなんだろう?

こんな悩みについて解説します。

この記事を読むことで

送配電部門の現場の特徴について理解でき、現場仕事の最低限抑えておきたいポイントについて知ることができます

電力会社の(採用)配属は送配電部門が大きな割合を占めており、それ以外の部門希望の方も見ておいて損はありません。

そこで今回は、配電部門で現場経験のあるリケイが、

送配電部門の概要や人員構成(どんな人がいるか?)、現場のあるあるや注意点など細かく解説していきます。

結論から言うと、送配電部門は体育会系の文化が根強く残る、好き嫌いがはっきり分かれる部門です。

リケイ
リケイ

これから送配電部門に行く人は、絶対に見ておきましょう!

(補足)ここで言う「送配電部門」とは、技術系採用の「送電」「変電」「配電」を指します。

それでは本編となります!

スポンサーリンク

【概要】そもそも送配電部門って何?

電力会社では大きく3つの部門に経て、電気をお客さんまで届けています。

送配電部門とは?
送配電部門とは?

送配電部門は、発電所で作られた電気をお客さまへ届ける役割。

具体的な設備でいうと、鉄塔や送電線、変電所、電柱などを管理しています。

リケイ
リケイ

この送配電部門は設備の数が莫大なのに加え、設置エリアの広いため人数が必要になります。

【仕事内容】送配電部門に配属されたら?

送電変電配電

いきなりではありますが、電力会社の送配電部門に配属になった人は、

高卒大卒など学歴に関係なく、8~9割が現場作業員としてスタート

リケイ
リケイ

稀に現場にいかない部署に配属される人もいますが、事務系採用者や女性の場合がほとんどです。

また、送配電部門の中でも色んな部署があり、仕事内容に違いはありますが現場作業員スタートなのは同じです。

部門別仕事内容の一例
新入社員は、実現場からスタート!
  • 送電部門:鉄塔の点検や送電線に登って作業
  • 変電部門:変電所の点検や機器の操作
  • 配電部門:電柱に登って作業や停電対応

これを知らずに入社して、現場作業が嫌で会社を辞める人を何人もみてきました

もし「事務所の中で座りながらまったり業務」というイメージを持ってる方がいたら注意です。

入社以降のキャリアについて、知りたい人はこちらの記事も参考にしてください。

【人員構成】どんな人がいるの?

当たり前かもしれませんが送配電部門は、

完全な男社会(全体の約95%)

イメージとしては、工業高校や工業大学が近いです。

また、新入社員の学歴内訳としては約60〜70%が高卒であり、現場で働いている先輩上司は高卒の人が多いでしょう。

リケイ
リケイ

大卒以上は、良くも悪くも数年間経つと現場から異動していきます。

近年は大卒以上の採用を増やしている電力会社も増やしていますが、それが実感できるのはまだまだ先の話。

例外として、一部(給電・系統運用等)は大卒以上の割合が高い部門もあります。

年齢構成については、東京電力HDが社員データを公表しているので参考までに載せておきます。

リケイ
リケイ

事務系ならこの年齢構成、技術系の現場は20代が若干多い傾向になります。

【特徴】現場仕事で抑えておきたいポイント

現場仕事で働く上で、事前に抑えておきたいポイント(特徴)をご紹介します。

現場仕事の特徴
  • 力仕事があります
  • 高い所に登ります、汚い所にも入ります
  • 最悪、感電や爆発に巻き込まれるリスクがあります
  • 体育会系の文化なので言葉がキツイこともあります
  • 勤務時間が不規則になることもあります

現場で働く以上は、自分の身を守るためにも一定以上の筋力と体力は必須です。

送電なら地上30メートル以上の鉄塔、配電なら地上10メートル以上の電柱で作業することもありますからね。

リケイ
リケイ

この高所作業+感電の危険性まで考慮すると、指導者はどうしても厳しくなります。

必ずしもここにある全ての項目が当てはまるわけではないですが、あくまでも傾向として抑えておいてください。

もし現状に不満があるなら転職を検討しよう!

もし現状で悩んでいることがあるなら、転職活動をすることをオススメします!

リケイ
リケイ

転職活動を通じて、自分の市場価値や適正な待遇を再確認することができました。

そこで転職活動で特にオススメしたいのが「転職エージェント」です!

doda

こちらの転職エージェントに登録すると自分専用の担当者がついてくれて様々な転職活動のサポートをしてくれます。

メリット
  • 悩み相談や現在の市場価値把握など客観的なアドバイスがもらえる
  • 選考に伴う企業との日程調整を代行
  • 一般的に聞きづらい福利厚生の質問や年収などの待遇面交渉を代行

具体的には、担当者へ電話やメール(ライン)で希望業界や年収を伝えたらその意向に沿ってくれます。

面接後半になると・・・

転職担当者
転職担当者

リケイさん。

企業から年収400万円と提示されていますがいかがですか?

リケイ
リケイ

それだとちょっと低いですね・・・

年収500万円なら即決しますと交渉お願いします。

こんな言いにくい内容についても担当者に伝えることで企業と交渉してくれます

今だとCMでお馴染みのdodaがオススメです!

dodaの特徴として・・・

  • 転職サイトと転職エージェントサービスのいいとこ取りができ、
  • 年収査定や人気企業300社合格診断など会社選びや自己分析ができるコンテンツが充実し、
  • まるで秘書のようなスケジュール管理や条件交渉をしてくれるエージェント担当者がついているので、
  • 転職を検討している人、全員におすすめできます!
リケイ
リケイ

まずは、dodaに登録して「年収査定」診断をしてみましょう!

自分の適性(強み)がわからない人へ

転職はしたいけど、自分がどんな適性があるかわからないな・・・

という人には、転職アプリのVIEWがオススメです!

3分でキャリア診断!日本初AIキャリアシミュレーション『VIEW』

このVIEWは、20代〜30代のハイクラス向け転職サイトとなっています。

また、転職希望者の経歴と価値観から自分の適正診断をしてくれるシミュレーション機能がついており、シミュレーション結果をランキング形式に表示してくれるため自分の適性が一目でわかるようになっています。

このキャリア診断は3分で行うことができ、アンケード形式で手軽に適正を知ることが出来るためぜひやってみてください。

最後に

ここまで電力会社の送配電部門について、お話してきましたが、

事前情報があるのとないのでは、心構えが全く違います。

入社前と入社後でギャップを感じやすい現場仕事は特に大きいです。

リケイ
リケイ

私は、何も知らない状態で現場に配属されて痛い目に遭った1人です。

そのためこの記事を見ている皆さんには、少しでも納得してもらってから入社(配属)してもらえるように、ここで発信しています!

これからもどんどん電力会社関連の記事をアップしていきますのお楽しみにお待ちください。

今回はここまで!

タイトルとURLをコピーしました