【入社3年目】ぶっちゃけ、電力会社の給料ってどのくらい?

給料・福利厚生

今回は、「電力社員の給料ってどのくらい?」のパート2となります。

本記事では電力社員の入社3年目の具体的な給料や手当など詳しく公開します。

この記事を読めば
  • 入社3年目社員の実際給料が知れる
  • 現場社員と机上社員の給料や手当の違いが知れる

電気という生活を支えるインフラ業界は、景気の影響に左右されず給料が安定していることから人気が高い業界です!

電力会社に興味がある人、就職を考えている人はかなり気になる話題ではないでしょうか?

以下の記事で、入社1年目(新入社員)〜2年目までの給料についてもお話ししていますのであわせてご覧ください。

スポンサーリンク

電力会社の入社3年目の給料

それでは入社3年目の給料についてお話ししていきます。

リケイは2年目の時点で現場(配電部門)から机上業務へと部署移動をしています。

それによってどれほど給料が違ってくるのでしょうか?

先ほどと同じように、リケイ(机上業務)の3年目のある月の給料を見ていきましょう。

基本給275,000
勤務地手当10,000
残業代(2時間)5,000
その他(出張交通費等)20,000
合計(額面)310,000
手取り230,000
電力会社の3年目の給料(机上業務)

額面としては結構もらってるように見えますが、税金でかなり引かれていますね。

理由としては、現場時代に稼ぎがあっただけに住民税が多くなっている影響ですね。

また、残業による給料は1時間2500円であることがわかります。

リケイ
リケイ

こうみると税金ってかなり痛いですよね・・・

現場時代と机上(事務)業務の給料比較

次に、現場時代との比較についてポイントをまとめました。

現場との比較
  • 基本給が微増(260,000 → 275,000円)
  • 残業が減った(66,000 → 5,000円)
  • 宿直手当が無くなる(36,000 → 0円)

ざっくり計算ですが、現場から机上業務になってから10万円程度給料が減っています。

基本給は年数を重ねる毎にゆっくりではありますが増えていきます。

これが積み重なっていき40〜50代になるころには、それなりの給料をもらえます。

残業がほとんど無くなりましたが、これは異動先の部署が「なるべく時間外を無くそう!」主義なためです。

残業ついては現場と机上の関係はなく部署毎(上司)によるところ大きいです。

そのため、机上業務でも残業がめちゃくちゃ多い部署(特に設計や工程など)も当然あります。

また、現場時代では毎月4回ほど宿直をやっており1回毎9000円の手当をもらっていましたが、部署移動によりそれが無くなったため大幅減収です。

リケイ
リケイ

これは電力会社あるあるですが、現場時代が1番給料が高いですね!

もし現状に不満があるなら転職を検討しよう!

給料や待遇で悩んでいるなら、転職活動をすることをオススメします!

リケイ
リケイ

当時の私は転職活動を通じて、自分の市場価値や適正な待遇を再確認して電力会社に残る決断が出来ました。

そこで転職活動で特にオススメしたいのが「転職エージェント」です!

doda

こちらの転職エージェントに登録すると自分専用の担当者がついてくれて様々な転職活動のサポートをしてくれます。

メリット
  • 悩み相談や現在の市場価値把握など客観的なアドバイスがもらえる
  • 選考に伴う企業との日程調整を代行
  • 一般的に聞きづらい福利厚生の質問や年収などの待遇面交渉を代行

具体的には、担当者へ電話やメール(ライン)で希望業界や年収を伝えたらその意向に沿ってくれます。

面接後半になると・・・

転職担当者
転職担当者

リケイさん。

企業から年収400万円と提示されていますがいかがですか?

リケイ
リケイ

それだとちょっと低いですね・・・

年収500万円なら即決しますと交渉お願いします。

こんな言いにくい内容についても担当者に伝えることで企業と交渉してくれます

今だとCMでお馴染みのdodaがオススメです!

dodaの特徴として・・・

  • 転職サイトと転職エージェントサービスのいいとこ取りができ、
  • 年収査定や人気企業300社合格診断など会社選びや自己分析ができるコンテンツが充実し、
  • まるで秘書のようなスケジュール管理や条件交渉をしてくれるエージェント担当者がついているので、
  • 転職を検討している人、全員におすすめできます!
リケイ
リケイ

まずは、dodaに登録して「年収査定」診断をしてみましょう!

最後に

これまで、電力社員の入社3年目時点での給料についてお話ししてきました。

いかがだったでしょうか?

現場仕事をしていた時は多くの給料をもらっていました。その反面、机上仕事へ移ったときの給料の下がり具合は大きいです。

リケイは現場から机上業務へ移動したために給料が大幅ダウンしましたが、そのまま現場仕事を続けている同期の給料は今まで以上にもらえているでしょう。

皆さんは、給料と自分の時間(ワークライフバランス)のどちらを重視しますか?

個人的にはワークライフバランスを重視しているので、給料が減っても自分の時間が増えたのはとても嬉しかったです。そのおかげで資格やブログへ取り組む時間が取れたわけですからね。

リケイ
リケイ

自分にとって、何が大事かを振り返ってみてはいかがでしょうか?

皆さんの会社生活に少しでもお役に立てれば幸いです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

普段は電力会社の情報・体験談などをブログで発信しています。

Twitter@rikei_zatsumama)で電力会社事情を発信していますのでフォローお願いします。

それでは次回の記事でまたお会いしましょう!

タイトルとURLをコピーしました